スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/30の主要通貨日足レンジと本日のテクニカルポイント

 お早うございます。昨日の海外市場は、閑散商状の中、基本的にはドル
が軟調推移したって展開でしたが、かといって一方的にドルが売られ続け
たって訳でもなく、米12月消費者信頼感指数が1967年の統計開始以来で
最低となった割には、あまりドルは下がらず、終わってみれば往来相場に
過ぎなかったって感が無きにしも非ず。

 それでは、昨日の主要通貨日足レンジと本日のピボットポイントをアップ
しておきますので、参考にして下さい。

 因みに、本年の更新は一応これで最後ということにしておきます。気が向いたら
更新するかもしれませんが・・・。本年中はお世話になりました。皆さんよいお年を!!

08/12/30主要通貨レンジ・ピボットポイント
スポンサーサイト

株・債券市場の大納会後の市場はスカスカ

 本日の東京市場は、中東情勢の緊迫化を材料にドル売りが優勢となり、
ドル円は90.99から90.10、ユーロドルは1.3915から1.4135まで、それぞれ
ドルが下落する展開に。しかし、本日は大納会で株式・債券市場が午前で
取引を終えたこともあり、午後は閑散商状の中、積極的に取引を行うといった
雰囲気には程遠く、売り一巡後は、ドル円が90.41処、ユーロドルが1.3988処
までドルが値を戻す場面も。ユーロ円は、午前は堅調に推移していたが、午後に
入り、買いも一服すると126.40付近まで売られる場面も見られました。

 それでは、東京市場のレンジに基づく主要3通貨ペアのピボットポイントをアップ
しておきますので、興味のある方は参考にして下さい。

originalpivot20081230pm

ショートカバー先行も一巡後は軟調推移

 本日午前の東京市場は、前日のNY市場終盤の流れを引き継ぎ、
ドルのショートカバーが先行して始まったものの、ショートカバーが
一巡すると、中東情勢の緊迫化もあり、一転ドル売りが優勢となり
ました。

午前のレンジは

USDJPY:90.25-99
EURUSD:1.3915-4135
EURJPY:126.21-8.10

13:09現在

USDJPY:90.29-31
EURUSD:1.4105-07
EURJPY:127.36-39

で推移中。

12/29の海外市場のレンジを基にしたピボット

10:25現在

USDJPY:90.66-68
EURUSD:1.4084-86
EURJPY:127.70-73

で推移中。ドル円は90.97まで上昇する場面があったものの、依然
91.00に観測される売りオーダーが上値を抑えている模様。

 それでは、昨日の海外市場のレンジに基づく主要3通貨ペアの
ピボットポイントをアップしておきますので、興味のある方は参考
にして下さい。

originalpivot20081230am

3段階スクリーン・トレーディング・システム検証12/30

前提条件:各通貨ペアとも手数料、スワップは考慮しない。
売買ルール:週足のトレンドと同方向にのみトレードする。
①週足トレンドが上昇の場合:日足のベアパワーがゼロよりも下に下落してから
再び、ゼロに向って上昇を始める時に、前日の高値を超えた場合にロングする。
②週足トレンドが下降の場合:日足のブルパワーがゼロよりも上に上昇してから
再びゼロに向かって下落する時に、前日の安値を下回った場合にショートする。

3screentrading20081230

DiNapoliのFibonacci売買法デイトレ版12/30

 先週末の主要通貨日足レンジを基にした、DiNapoliのFibonacci売買法を利用
したデイトレ指標をアップします。参考程度に見てください。必ず儲かるという保証
はありませんので悪しからず。

dinapoli20081230

12/29の主要通貨日足レンジと本日のテクニカルポイント

 お早うございます。昨日の海外市場は、ドル売りが先行する形で取引
が始まり、ユーロドルは1.4363、ドル円は89.75を示現。ドル売りの背景
としては、イスラエルによるガザ空爆をきっかけとした金・原油相場の上昇
や、米欧金利差拡大観測ってのが市場のコンセンサスだそうです。
 しかし、NY市場に入ると、序盤こそ株式市場の下落もあり、ドルが軟調
推移となったものの、ドルの下値では短期筋の買い戻し、ベルギーの銀行
損失拡大懸念からユーロに利食い売りが入ったことから、ドル円は90.70、
ユーロドルは1.3920までドルが反発して取引を終えました。

 それでは、昨日の主要通貨日足レンジと本日のピボットポイントをアップ
しますので、参考にして下さい。

08/12/29主要通貨レンジ・ピボットポイント

油断大敵

 どうせドル円は大して動かないだろうと思い、のんびり入浴してたんですが、
風呂から出てきたら、ありゃま、ドル円しっかり90円割れてたんですね。
まぁすかさず短期筋の買い戻しが入ったのか、90円台を回復はしていますが、
ドルが全般的に売られる状況では、ドル円の90円割れも仕方なしってところ
でしょうか。

 20:30現在の1時間足を見ると、トレンド・スイング共に下向きで、且つ先行
させた基準線を下回っています。MACD・Stochasticsも売りサインを点灯して
いることから、リスクは↓ってことのようです。

 1時間足ベースの目標値は、COP=89.54、OP=89.14、XOP=88.48となり、
この目標値は90.81を上回るまで有効。

usdjpy hourly 200812292030

usdjpy hourly macd&stochastics 200812292030

ドル<円<ユーロ

 本日の東京市場は、本邦の実需筋の大半が年末休暇入りしている中、
イスラエルのガザ空爆を受けて金、原油相場が上昇していることが材料視
されたのか、ドル売りが優勢ってゆーかユーロ買いが目立つ展開となり
ました。

 ドル円は、90.75から90.28まで、ユーロドルは1.4060から1.4272まで
それぞれ、ドルが下落。ユーロ円は、全般的なユーロ買いの動きに127.55
から128.91まで上昇。ドル円はユーロ円の上昇の影響で、中途半端な下げ
にとどまったって印象。

 それでは、東京市場のレンジを基にした主要3通貨ペアのピボットポイント
をアップしておきますので、興味のある方は参考にして下さい。

originalpivot20081229pm

損保の経営統合は対岸の火事か

 今朝の報道によると、三井住友海上グループホールディングス・あいおい損害
保険・
ニッセイ同和損害保険の損保大手3社が経営統合について調整している
とのことです。

 少子高齢化
、自動車や住宅の販売不振により自動車保険や火災保険の新規
契約も低迷などの逆風もあり、規模拡大で切り抜けようってことでしょうね。

 しかし、これは何も損保業界に限った話ではないでしょう。FX業界でも、手数料
の無料がもはや常識となる中、今はスプレッドの狭小化が進んでいる真っ最中。
近い将来、損保業界並みに5、6社に集約されてたりして・・・。

プロフィール

kakarotto0621

Author:kakarotto0621
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。